いままでの裁判の経過

個人情報(調査委員会資料)不開示処分取消請求・第2次訴訟

2021年9月17日 提訴

 北大は、第1次訴訟の対象である2020年12月15日付不開示処分を7月6日付けで取り消し、同日付で新たに開示決定と不開示決定を通知した。
 これにより、調査委員会の資料の大部分が開示されると期待されたが、7月29日に開示を受けてみると、ほとんど真っ黒塗りで、開示の実態をなさないものだった。
 そこで、9月17日、原告は第1次訴訟を取下げると同時に、新たな開示決定の不開示が違法無効であるとして、同決定の取り消しと損害賠償の訴訟を提起した。これは、開示・不開示の法適用基準の明確化と北大の違法性・責任の重大性の確認を求めるものである。

 【訴状(全文)は、訴訟の内容(4)に掲載】

 提訴は、解任処分取消訴訟と同時に行ない、提出後に両提訴併せて記者会見を行なった。

2021年11月25日(第1回弁論) 

 北大の代理人は、第1次訴訟の第1回口頭弁論の時と同じく、事前に答弁書を提出して弁論には欠席し、擬制陳述とした(法廷で答弁書を陳述したものとみなす。被告が第1回弁論の時だけ許される)。
 答弁書は、請求棄却の判決を求め、原告の主張に対する簡単な認否を行なうのみで、具体的な反論は次回に行なうとしていた。この反論について、北大は、準備に時間がかかるとして、3カ月後の次回期日(2022年2月24日)の1週間前までに提出するとした。
 原告代理人が訴状の要旨と裁判の意義について意見陳述しようとしたが、裁判所は、被告が出席している時に行なうべきとして、認めなかった。
 裁判終了後、傍聴者及び報道記者に対する報告会が行なわれ、原告代理人が予定していた意見陳述の内容が話され、裁判の争点や見通しについて闊達な質疑が行われた。

2022年2月24日(第2回弁論) 

 北大より、2月16日付けで準備書面(1)が提出された。本文11頁、添付別紙一覧表48頁の分量であるが、2021年7月6日に北大が行なった不開示決定の理由をなぞるだけのものだった。
 これに対して、原告代理人は、本訴訟の内容と意義について意見陳述し、次回期日(5月26日)までに反論反証を行なうとした。

 原告代理人「弁論の要旨」